定期預金 高金利

満期まで解約しなくても大丈夫という余裕資金で貯蓄はすること

投資は余裕資金を用いることと言われていますがこれはそのとおりだと思います。余裕資金というのは毎月必要な資金を差し引いて、そこから残った資金のことです。マイナスになる人は消費者金融などから借り入れて生活することになりますし、貯金を崩すことになるかと思いますが、プラスになる人も多いでしょう。家賃に光熱費、食費や電話代金、交通費などを支払った上で残ったもの、それが余裕資金です。これを使って投資や運用はしろと言われているのです。

これは定期預金にも言えるのですが、絶対的に余裕資金でやったほうがいいというのはよくわかります。定期預金を例に取ればわかりやすいですが、急にお金が必要になる時があります。親の葬式であったり海外出張で前払いする必要があったり、大きなイベントを開催するのに建て替えたりといろいろな状況が考えられます。そんな時にぎりぎりの運用をしていれば、必要なお金を引き出すことができません。定期預金を泣く泣く解約することになり、低い金利で引き出すことになるでしょう。定期預金ならまだマシですが、株や投資信託であればベストな時期でないにも関わらず、売却しなければならないこともありえます。

このようにギリギリの生活をしているのであれば、急な出費に耐えられなくなってしまい、解約せざるを得なくなってしまうのです。だからこそこのような不本意な解約をしないようにするためには余裕資金を利用して定期預金にしても投資も行わないといけないというわけです。最悪の場合、消費者金融を使うということもできるかもしれませんが、そのようなことをしては支払う金利のほうが獲得する金利よりも高くなってしまいます。

投資や運用は株式も近い存在になりましたし、すごく簡単なようで誰でもできるように見えますが、意外にそうでもないのです。特にお金がないのにぎりぎりの状況で夢を見て定期預金や株式に入れてしまうようなことは、その人の人生を貧しいものに変えてしまいかねないのです。解約する様な事態にならないためにも余裕資金を利用することをおすすめします。

あまり意味ないとされる定期預金だが違う視点から利用価値はある

定期預金の話は意味ないといわれることが多くなってきていますが、本当にそれは意味ないことなのか?というと非常に疑問があります。それなら定期預金を銀行も売らなければいいのですが、ちゃんと1年ものなら何%、3年物なら何%というように店頭表示していたりします。金利をこのように表示している時点で、定期預金が全く必要ないというわけではないということなのでしょうから、銀行側としては意味を持って打っていると思います。では利用する側の我々としてはどういう意味を持って考えたらいいのでしょうか。

まず前提条件として捉えておきたいのが、定期預金はすでにお金を増やすという手段ではなくなっているということです。昔から金利がついて、それで元金が増えていくということを想像している人も多かったでしょうが、それはもう今ではできなくなったと考えたほうがいいでしょう。

この前提条件を踏まえた上で考えるべきは定期預金というのは金利でお金を増やすという意味では意味ないといえるだろうということです。そして逆に言えばお金を安定的に預け入れておくためには非常に役立つ、ということも付け加えておいたほうがいいと思います。特に大金の場合は他にも運用方法があるかもしれませんが、100万円以下くらいの資産の場合はおそらく定期預金が最も安定しているといえるでしょう。普通預金のようにいつでも引き出せるものではないですし、長期的にお金を保管しておくことができる、と考えられるでしょう。

もう一つ他の投資などに比べてもお金は増やせませんが、お金を減らすことにはつながらないという点も定期預金のメリット言えるでしょう。たいてい最近おすすめされている株式投資などもそうですが、メリット以上にデメリットもあるものばかりです。特に元金が減ってしまうというデメリットは大きく、日本人には不向きといわれる様なものも多いです。それならば日本人に合っている安定して元金が減らない定期預金というのは意味ないとはいえないのではないかと思われます。

色々言われていますが、未だに多くの人が利用しているからこそ残っているのが定期預金なのだと思いますよ。

源泉分離課税だからこそ便利だという定期預金の営業文句

定期預金を預けて欲しいということを行ってくる営業マンは昔に比べて減って来ましたが、それでも今も定期預金の預入というのは営業されているのです。CMなどで大銀行以外であれば定期預金にボーナスを入れる用に勧めるCMを流していたりするので、ご存知の人もいるでしょう。

一度でも定期預金を誘われたことがある人ならわかると思いますが、定期預金は源泉分離課税というものを特徴としています。これを謳い文句として営業してくる人もいるのですが、これが何なのかわかっている人のほうが少ないでしょう。定期預金が源泉分離課税というのは簡単にいえばそのまま引き落としをしてくれるというものだ、ということです。

一般的には税金というのは自分で所得を申告して、それに対して税金が決定されて支払われることになります。しかしサラリーマンの源泉徴収であったり、この定期預金の源泉分離課税であったり、ほとんどが自動的に計算されて支払われることになっています。自動的に計算されて引き落としをされるので税金を申告して支払う必要がないわけです。定期預金も同じようになっているので便利ですよ、というわけなのですが実は最近どのような投資方法もこの源泉分離課税が使われるようになってきています。なのであまり他の投資方法よりも絶対的に優れている!とはいえなくなってきているのが現状です。

今のところ定期預金を営業する人にとってはいいことはない状況なのは間違いありません。金利は低いですし、預入をすることによってプラスになることが少ないのですから。源泉分離課税だから楽というのもひとつのプラス要因だったかもしれないですが、今はもうプラス要因として考えられなくなっています。だから営業マンとしてはどういう風に売ればいいのかと迷っているところだと思います。これも日本が経済成長を終えてしまったという結果の一つなのかもしれません。

これから先、定期預金が昔のように多くの人で賑わう時代というのは来るのかどうか、わかりません。ただもしやってくるとしても、それはだいぶ先の話になりそうな気がします。

長年金利が高いとされている豪ドルは外貨定期預金でも人気だ

「初めて外貨定期預金をしようと思うんだけれども、どこがいいですか?」という質問があると、多くの専門家が「ここがいいですよ」と答える国の外貨定期預金があるのをご存知でしょうか。一つはドルを持っているアメリカです。これはいつまでも揺るぎないのですが、最近になって低金利化の傾向が顕著に見られるので、あまり勧める人は少なくなって来ました。ドルと対向する通貨としてはヨーロッパのユーロがありますが、ユーロの場合は多国間に渡る利用が可能で非常に不安定なため、あまり多くの専門家はおすすめしません。

ではドルよりもおすすめされる通貨といえば何なのか?というとNZドルと豪ドルの2つです。特に豪ドルはかなり勧める人が専門家でも多く、退職金などで多くのお金を手にした場合の運用に使ったり、投資信託なども豪ドル建てで行うなどしています。どうして専門家の多くが豪ドルを勧め、そして多くの人が豪ドルでの外貨定期預金を行っているのかといえば、それには2つの理由があるのです。

まず一つ目として豪ドルの金利の高さです。まだまだオーストラリアは非常に経済成長をしていルのです。あまり知られていないですが観光客なども多ければ、国の資源も多いために、その資源を輸出することも多いのです。魚や肉、野菜などもたくさん輸出することができるので経済成長をしています。経済の調子がいい国はたいていインフレ気味になっていて、金利も高いので外貨定期預金の金利も高くなっています。もう一つが安定性でしょう。南半球では最も安定していますし、政治的にも混乱することがほとんどない国です。だからこそ安定して外貨定期預金を預入できるという判断なのだと思います。株式や為替取引と違って、外貨定期預金については長期的な運用が必要ですから、豪ドルのような安定が必要なのです。

一度もアメリカのドルしか見たことがないとか豪ドルを見たことがないという人は、商品説明を見てもらったらいいと思います。驚くくらいの金利になっていますし、その割には安定しているので投資に的確な通貨だなというのがわかると思いますから。

預金者が死亡した時に解約する際に必要なものとは

突然人生というのは何が起こるかわかりません。明日死んでしまう可能性もありますし、100歳を超えて生きる可能性もあります。だからこそ明日何が起こってもいいように、今日やらないといけないことは今日やっておこう、明日に伸ばさないようにしようと考えるわけですが、突然の死だけは避け用がありません。そんな時にコツコツ貯めていた定期預金や一般的に使っていた普通預金などにお金が入っていることもあります。株などをやっているかもしれません。家族が死んだ時、こういった遺産を相続しなければ、全てのお金は一定期間が経つと金融機関の物となってしまうのです。自分の家族のものなのですから取り戻したいと思うのが当たり前で、そのためには複雑ですけれども手続きが必要です。

まず死亡した人の定期預金口座を解約するためには「この口座の持ち主は死亡しました」ということを銀行に告げます。そして法定相続人を決めて、相続する人を決定します。決定した後は銀行の書類に実印を押し、印鑑証明を提出する必要があります。そして戸籍謄本と除籍されているということを証明する除籍謄本を持っていきます。そうして初めて「この人は死亡したから、解約してこの人に定期預金のお金を支払います」という手続きができるのです。正直、これは定期預金だけの解約手続きなので簡単そうに見えますが、意外に面倒なものです。定期預金以外にも大抵の人は生命保険に入っていたり、いろいろな金融資産を持っているものなので、同じような手続きを何度も繰り返しおかなわなければならないのです。

死亡した人の定期預金を解約するだけでもかなり大変なのに、このような手続きを何度もしなければならないのは骨が折れるものです。ですから専門家におまかせをする方が楽なのですが、そのようなコストを払えないという場合は出来るだけ自分たちでやってしまうしかないでしょう。相続の時には何かともめたりしますから、第三者が入って事務的に作業を進めてしまったほうが、結果的にはうんざりすることもなく、それなりにお金が手に入ってよかったりすることもあるでしょうけれどもね。

現金のまま置いておくのも普通預金に預けるのも変わらない

今の時代、普通預金も現金もほとんど変わらない時代になって来ました。昔は普通預金ですらも預入しているだけでお金が入っていることが多かったでしょう。いわゆる金利がついていたわけですから、多くの人はこれがうれしかったために銀行に預けていたようなものです。定期預金であれば普通預金以上の金利がついていました。そんな定期預金ですらも、最近ではほとんど金利がつかないような状況になっています。

この金利がつかない状況というのはある意味預けなくても預けても一緒というような考え方が蔓延しているように思います。確かに銀行に定期預金でも普通預金でも預ける必要性というのは少なくなっているような感じがします。もし銀行に預け入れるメリットを考えてみれば、いくつかは存在するでしょう。

例えばまずひとつはいろいろな所で出金することができるということです。出張中もお金を下ろして現金を手にすることもできますし、家にいちいち取りに帰ったり、たくさんの現金を財布の中に入れて置かなければピンチになるということもほとんどありません。移動が多い人や家に帰るのが少しの人、そしてお金をたくさん財布に入れたくないという人にはいいかもしれません。もう一つの利点としてはクレジットカードの引き落としなどに使えるということでしょう。タンス預金をしていたとしても、そこからクレジットカードの使用分まで引き落としを受けるということはできません。それが唯一できるのは銀行口座だけですから、預け入れているメリットは有ると言えます。

逆に言えばこれ以外のメリットというのは非常に少なくなっている用に思います。なので定期預金などはこういったいつでもどこでも利用できるというようなこともないですし、金利だってかなり少なくなっているということを考えると使う理由なんてないんじゃないか?というふうに思って当然だと思います。定期預金は特に金利がついて、現金が長期的に増えていくということが一番の狙いとしてあるわけですから、それができるようになるまで使い道はないといえるかもしれません。

金利の高い定期預金ランキングで注意した金利計算について

「今年の定期預金はこれだ!ランキング」みたいなものはインターネットのサイトだけではなく、意外に色々な所で見られます。定期預金ランキングというのは気になるもので、メガバンクなどの大手の場合はほとんど横並びの金利になっていますし、条件も似たようなものが多いですが今は地方銀行や信用金庫、その他にも新進気鋭のネット銀行などが出している定期預金で、非常にレベルの高い金利で勝負しているところがあります。しかも預入金額が少なくても高金利というのはありがたいことです。そのような金利が高い銀行も増えてきており、定期預金は情報を持っている方が得をすることになっています。

そんな定期預金のランキングで考えられるのが、思っていた以上に金利が増えていないということです。多くの人は失敗する可能性もあるので知っておいたほうがいいのですが、一般的には複利が多い定期預金ですが、実は最近では単利のものも増えているのです。特にネット系の銀行などでは単利計算のものも多いために予想以上に資金が増えていないということになりかねないのです。

ですからしっかりと単利なのか複利なのかというのをチェックした上で定期預金に預け入れるべきです。一般的に高い金利の場合には単利になっている可能性は高く、低い金利の場合は複利になっている可能性も高いので一つの基準にするといいと思います。また長年長期にわたって預け入れるのであれば複利のほうが有利なのは間違いないですが、短期的な定期預金であれば、意外に単利のほうが預金元金を増やすことに成功することもあります。そういった単利と複利の計算も簡単でいいのでやっておいたほうがいいでしょう。元金が多ければ多いほど複利効果も高くなりますから、元金は少ないけれども預けておきたいという人手あれば、単利でもいいかもしれません。

最近の定期預金ランキングはこのように単利も複利もまぜこぜにして作ってあるものが多いですから見る側が注意していないと、同じように感じてしまって失敗する可能性があります。ですのでランキングは隅々まで情報を追うようにしましょう。

税金滞納などの差押の対象に定期預金はなりうる

ほとんどの人はサラリーマンですし、あまり税金を滞納したことがある人はいないでしょう。ただ、住民税などは滞納する可能性があるので支払うのを忘れていたり、遅くなったりしたことがあるかと思います。そんな時に国というのは怖いもので、強制的に税金を徴収するのです。それが差し押さえというものなんですが、当然すぐに差押をするわけではありません。まずは督促状を送って支払うように言ってきます。それでも払わない場合には利息をつけて支払うように行ってくるのです。これは遅延した場合、かなり高い利息をつけて支払わないといけないので、早めに払ったほうが得策だよと言っているわけです。

そしてこれでも払わないときには裁判所に依頼して、差押をするようになるわけです。給料の差し押さえが基本なのですが、給料だけではなく、一般的には定期預金なども差押されると言われています。定期預金などでコツコツお金を貯めてきても、税金を払っていないということで、一気にお金が削られる可能性もあるのです。なので税金は払っておかないと自分がいちばん損をすることになります。

当然ですが税金だけでなく保険料も同じです。年金や健康保険も支払っていなければ、差押の可能性があります。給料だけでなく、普通預金もそうですし定期預金も差し押さえされる可能性があるので、支払いを滞納するのは得策ではないのです。

もし健康保険を払うだけのお金がない、稼ぎが少ない、同しようもないという時には健康保険料にしても年金保険料にしても、支払う額を少なくしてくれたり、分割で支払うことを許してくれたりと、いろいろな政策がありますから、それを利用したほうがいいでしょう。役所の窓口に行けば、お金がないときには相談に乗ってくれますからそこは意地を張らずに相談に乗ってもらうのがいいと思います。

せっかくためた定期預金を一気に税金や保険料で持っていかれるようなことがあれば目も当てられません。そうならないためにも最低限支払わなければならないものは支払う、これは絶対に日本に住んでいる以上しなければならないことなのです。

貯金や現金かもしくは不動産などで相続すべきなのか

今や当たり前のようにいろいろな所で語られている相続ですが、ほとんどの人は「自分には関係ないよ」と思っているかもしれません。ただ、相続というのは意外にちょっとしたことでも関係してくるものなのです。どんな家庭であってもちょっとした普通預金や定期預金があったり、もしくは車や家具などの資産があったり、人によってはマンションの一室や実家の家、田畑などを持っていたりするでしょう。こういったものを遺産相続するときには何かと面倒な手続きが必要なのです。できるだけプロの専門家に任せたほうがいいわけですが、相続するにしても有利な相続の方法というのを考えたいと思うはずです。

相続には一般的にはいくつかの方法があります。一つが現金そのものを相続させることです。これは定期預金であったり現金そのものであったりしますが、定期預金にしても現金にしても相続する金額というのはひと目で分かります。残高が100万円なら100万円の相続になります。ですからお金がたくさんある人にとっては損になるため、評価がしにくいものに変えて相続するということもあったりします。それがマンションだったり不動産だったり車だったり、もしくは会社などを作るという方法で相続するという人もいます。今は株式会社も簡単に作れるようになったので、個人でも簡単にできることではありますが。この時注意しなければならないのが、節税のはずが脱税と捉えられることです。ちょっとでも税務署にそう思われたら、たくさんの税金を払うことになるので、要注意でしょう。

相続についてはもうひとつ、定期預金などを生前贈与しておいたほうがいいのではないかという考え方もあります。生前贈与については贈与税という税金も発生するので、相続税とどちらが得かということを考えた上で選択したほうがいいでしょう。最近では相続にしても贈与にしても、できるだけお金を持った高齢者から若い人へお金を移動させたいという思いを国も持っているので、政策や特例措置で減税や免税をしていることも多いですから、よく調べておきましょう。

現金同等物扱いになる定期預金は中小企業の資金繰りに使える

簿記の知識を得ている人ならわかるかもしれませんが、現金と現金同等物という概念があります。これは一般の人にはあまり関係ないですし、覚えなくてもいいですが自分でビジネスを立ち上げている人や個人で仕事をしている人、企業の社長さんなどには必要な話です。なので、現金と現金同等物などの話はわかっておいたほうがいいでしょう。

まず現金ですけれどもこれはいわゆる現金、1万円札などのことです。これはわかると思いますが、同じように考えられているのが普通預金と当座預金です。普通預金の場合はいつでも引き落とし可能であり、すぐにお金を用意できるので現金と同じように扱われます。当座預金も引き落としなどは小切手になりますが、普通預金と同レベルに流動的といえるので扱いは現金と同じようなものです。現預金という名前で仕分けされたりすることもあります。

さて、では実際の現金同等物となるとどういうものか?というと、これは定期預金などが当てはまります。また、定期預金だけではなく商品券のようなものも現金同等物として扱われるでしょう。つまり現金そのものよりも使いにくさがあったり、流動性が低いという点で現金ではないけれども、現金とほぼ同等に使えるものということで、現金同等物という名前になっているというわけです。実はこれは流動性の高いものとして扱われるので、定期預金がたくさんあるということは信頼の証にもなるのです。銀行からの借入が簡単になったり、取引先の与信審査に合格して多くの取引ができたりと、いいことがたくさんあります。中小企業同士の取引ならあまり意味が無いと思うかもしれませんが、大企業と付き合いをするなら、絶対的に定期預金などがあるということが大きく響いてきます。

とりあえずこのような流動性の高いものというふうに考えられているのが定期預金であり、現金同等物であるということを覚えておいたほうがいいでしょう。そしてこれを理解して更にたくさんの定期預金などを持っておくことがビジネスを安心して勧めることになるということも覚えておいたほうがいいと言えます。